2017年11月15日

H29 草津温泉研修その4

11月15日
草津を後にし、帰りは滋賀草津道路から長野県

に入り、新潟に抜けて磐越道で福島に

帰るコース。

滋賀草津道路の途中にある秘湯万座温泉へ。

こちらには、飯坂温泉にあるホテル聚楽の

万座聚楽があるから、立ち寄り湯でお邪魔。
CE835FCB-C642-4ED3-90DB-F016402D0940.jpeg0D1ADCAE-60ED-46C0-92E3-15BD58F4A897.jpeg
しかし残念ながら立ち寄り湯は11時

からなので、早すぎて入れず近くの

ホテルへ。

写真は撮り忘れましたが、乳白色の硫黄泉。

内湯と露天風呂を楽しみ、次に目指すは、

長野県渋温泉。

渋温泉に到着して、最初のイメージは

人が居ない。お昼だからってのもありますし、

草津の後ってのもあるけど、人の気配

が感じないし、駐車場が無い。

渋温泉は飯坂と同じ9つの共同浴場がある。

1番湯から9番湯迄あるが、1から8は旅館

宿泊者しか入れず、鍵が掛かってる。

旅館に泊まるとお部屋に鍵があり、

自分で開けて入るシステム。

9番湯は誰でも入れるけど、駐車場無いから

どうやって立ち寄り湯するのだろうと

思いました。

私達は事前に渋温泉で有名な金具屋旅館さん

の施設見学をお願いしてたので、金具屋さんの

駐車場に停めて、町歩き。

温泉街は英語表記が多く、理由は

近くにお猿さんが温泉に浸かってる

地獄谷温泉があり、こちらに欧米人がフェイス

ブックかインスタでお猿さんの温泉入浴

をあげたら、メチャクチャ外人さん

が来るようになったそうです。

だから、温泉街は英語表記が多い。

そして、目的の金具屋さんへ。
19B50F24-E3BB-41E4-9273-1857C0F7A6EC.jpeg
木造4回建てと、うちに似てるので

興味あり、1度行ってみたいと思ってたので

実現して嬉しい。

金具屋の若旦那に館内案内して貰いましたが、

有形文化遺産だけあり、うちとは全然

違い建物的には新しいけど、使ってる木や

構造が素晴らしい。
4C3ED2C5-C15E-4BB7-AAB5-BBA7071E4A17.jpeg9CAFAB2F-D153-4955-98F7-6B745B0D7426.jpeg
学生さんが旅館でコスプレして写真撮ったの

が飾ってあったけど、見ると千と千尋の神隠し

のコスプレでした。

珍しいのは、花札が飾ってあったけど、

千と千尋の神隠し花札でした。

客室には共同浴場の鍵が置いてある。

窓は鍵かけてないと猿が入ってきて

お茶菓子を盗むそうです。

気になったのは館内にエレベーターがある事。

木造4回建てでエレベーターって凄いなーと

思ったら、奥は7回建手になってて

最上階に宴会場があり、

300人程入る広さがある。
587868EF-CC7C-4711-A8BE-0BABF811B6C6.jpeg
この瞬間、木造4回建てと思ってたのに、

うちとは規模が全く違う事実を知りちょっと

ショック。お風呂も何箇所か館内にありまし

た。
15DA7A0F-B01C-4F7F-8075-18E25E3E1D54.jpeg
何はともあれ、充実した研修旅行になり、

草津温泉の皆様、金具屋旅館の若旦那さんには

大変お世話になりました。

青年部部員にも、初の研修旅行でしたが、

とっても良い刺激になり、来年は私が青年部部

長予定なので、来年移行も温泉地視察研修旅行

を行いたいと思います。





posted by horieya at 00:30| 福島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: