2020年02月26日

令和2年2月26日 飯坂真尋ちゃんクラウドファンディング宜しくお願いします!そしてありがとう😊

2月26日(水)
昨日は地元商店会総会でしたので、会計苦手なのに

会計してる私は資料作成で大慌て。

総会も終わり懇親会終了前に、真尋ちゃん

音頭クラウドファンディングを今夜20時から始まり

ましたので、是非真尋ちゃん音頭で飯坂盛り上げた

いので、500円でも良いから商店会メンバー

にお願いします!と言ってTwitterページを開いたら

20時45分の次点で80万越えにビックリ‼️

開始から4時間半で目標の150万達成しました❣️

支援して頂いた皆様、本当に有り難うございます❗️

因みに、役員会選で会計から副会長になりました。

 今から1年前の2月14日、真尋ちゃん誕生日🎂の

日に、飯坂温泉観光協会と、ほりえや旅館に

真尋ちゃんがやって来ました。

半信半疑で始めた温泉むすめですが、平日にも

関わらず福島近県、関東からもファンの方々が飯坂
温泉にお越し下さいました。その後も沢山の方々が飯坂にお越しくださり、私が飯坂に来て16年

単発のイベントには人が来ても、定期的に10代から

40代の若い世代の人達が何度も飯坂温泉に来たのは

初めての事。

その後も飯坂各店舗に真尋ちゃんがやって来て、

気が付けば温泉街は真尋ちゃん。

若い世代の旅行離れ、温泉離れ、日本人の人口減少

でインバウンド(訪日外国人)の誘客にも力を入れて

いましたが、中々福島県、東北には外国人旅行客が

多いわけではありません。

このコンテンツを通して、大勢の若者達が飯坂に

来て頂いてるが、当時の東北地方で温泉むすめを

活用してる所は宮城県の秋保温泉と飯坂温泉のみ♨️

このままでは、いかに素晴らしいコンテンツでも

温泉地で活用しなければコンテンツ自体が衰退して

しまう。温泉むすめが存在する他の温泉地にも、

このコンテンツを知って貰おうと、地元は元より

先ずは同じ福島県の青年部で温泉むすめがいる

磐梯熱海温泉と、いわき湯本温泉さんに声掛けし、

運命の巡り合わせか、4月から福島県旅連青年部の

県北エリアから18年ぶりに部長に就任したので、

東北6県の総会に来賓で部長は呼ばれるのから、

当初の目標である東北スタンプラリーをやりたいの

ので東北各県の温泉地に布教活動し、最初に

秋田県乳頭温泉鶴の湯さんとの出逢いで、

乳頭和ちゃんが始まり、山形県、宮城県も動き出し

北東北は鶴の湯さんがまとめて岩手県も動き、

極め付けは、120番目の温泉むすめ♨️小野川小町

ちゃんの山形県小野川温泉の登府屋旅館遠藤君が

すぐさま補助金とって年内に、

みちのくスタンプラリーが開催しました。

遠藤君の行動力は知っていたが、年内にスタンプラ

リーが行われるとは正直思っていませんでした。

みちのくスタンプラリーも沢山の方々に参加して頂

き、完全制覇も何十人なのか把握出来ない程になり

ました。交通費もそうですが、過酷な冬のスタンプ

ラリーに参加して頂き有り難うございます。
 
次の目標は、ファンの方々と一緒に飯坂を盛り上

げられるお祭りを新たにやりたいと思い、

真尋ちゃん音頭作成で、真尋ちゃん声優の

吉岡茉祐さんに唄って頂き、作詞は方言も交えて

ある程度こちらでイメージを考え

エンバウンドさんにお願いし、作曲は私と

吉川屋7代目が習ってる民謡界では有名な

津軽三味線奏者である澤田流、

澤田勝仁先生(長山洋子さんの専属演奏者)に依頼

しようとお話しした所、吉岡茉祐さんに唄って

頂く事も含め飯坂真尋プロジェクト

の予算では到底支払えない金額なので、

半ば諦めモードではありましたが、小野川温泉の

いきなりクラウドファンディング成功もありました

ので、ファンの皆さんにお力を借り、一緒に真尋ち

ゃん音頭で飯坂を盛り上げようと、吉川屋7代目と

相談して、大変な企画書は7代目にお願いし

今回のクラウドファンディングが始まりました。

目標金額に達成出来ないと、今迄の飯坂真尋ちゃん

快進撃が水の泡になるので、地元の人にも声掛け

し、真尋ちゃんプロジェクトメンバーにも

真尋ちゃん音頭の想いを伝え、不安いっぱいでは

ありましたが、まさかの結果に正直メンバー

一同驚きです。

まだクラウドファンディングは始まったばかりなの

で、次の目標に向けてセカンドチャレンジ、

サードチャレンジと地元住民の人にも協力して頂き

更なる目標に向かい突き進みます。

私の観光協会青年部としては今年が最後で、来春

いよいよ卒業です。悔いのない様にとは言っても

親組合でも頑張りますし、春から2回目の旅館組合

青年部長に就任する予定です(旅館組合青年部は

卒業が1年長い)ので、今後とも

飯坂温泉活性化の為に御尽力お願いしたします。


ほりえや旅館兼まひろや旅館婿旦那 和田 一成
posted by horieya at 23:15| 福島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。