2017年11月15日

H29 万世大路二ツ小屋隧道迄歩く

11月15日
先週の10日、金曜日。

市の職員さんガイドで、夏にバイクで行った

福島市と米沢市を結ぶ旧13号万世大路を

二ツ小屋隧道迄案内して頂きました。
16D0DABA-202A-4BC3-96E6-38E87989DE36.jpegAED2CB76-389C-48A8-956F-FE502BC7A973.jpeg
こちらは、本来の万世大路みたいで、初めて

行きましたし、こんな所に国道13号から

入れるのは知りませんでした。

いつもは栗子トンネル手前から進入してたけ

ど、あの道は工事用の道路だったと知りました。
BD1655A2-B397-4130-BA1E-14AF58A78533.jpeg
この写真で見ると、現在地って所からいつも

登ってたけど、右側の茶色いラインが本来

の万世大路。

点線の道が工事用道路で、途中から万世大路に

入る。
F61F5863-721E-4F84-8BE8-8492B2A3E5CF.jpeg
今回は、入り口にクレーン車が入っていて、

作業中だったから、徒歩で行きます。

車やバイクだと見落としてましたが、

注意事項の紙が木に張ってあり、

何かあっても自己責任と書いてます。

まあ、山の中だし熊いたりトンネルは

所々崩れてるし。

10DC17AA-4985-4318-AF62-CCC3617AA3B1.jpeg
大体3キロ弱の道を歩く事30分ぐらいかな?

目的の二ツ小屋隧道へ到着。

中を歩くのは初めてなので、真っ暗闇。
E5D84579-645E-4A8C-BCE8-EBAED42FA1FB.jpegE89F9645-27F9-45F0-B2DA-711724110E0A.jpegD6F6EC1F-A9C9-415A-A246-6561C1F56210.jpeg
水溜りや落石に注意してトンネル抜ける。

もっと先まであるけど、徒歩は時間かかるし日

が暮れるから今回はここまで。

最後は入り口で記念撮影。

冬に来ると幻想的な氷柱が現れるので、

観光資源にしたいが、いかんせん自己責任なの

で整備が必要です。

posted by horieya at 08:29| 福島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

H29 草津温泉研修その4

11月15日
草津を後にし、帰りは滋賀草津道路から長野県

に入り、新潟に抜けて磐越道で福島に

帰るコース。

滋賀草津道路の途中にある秘湯万座温泉へ。

こちらには、飯坂温泉にあるホテル聚楽の

万座聚楽があるから、立ち寄り湯でお邪魔。
CE835FCB-C642-4ED3-90DB-F016402D0940.jpeg0D1ADCAE-60ED-46C0-92E3-15BD58F4A897.jpeg
しかし残念ながら立ち寄り湯は11時

からなので、早すぎて入れず近くの

ホテルへ。

写真は撮り忘れましたが、乳白色の硫黄泉。

内湯と露天風呂を楽しみ、次に目指すは、

長野県渋温泉。

渋温泉に到着して、最初のイメージは

人が居ない。お昼だからってのもありますし、

草津の後ってのもあるけど、人の気配

が感じないし、駐車場が無い。

渋温泉は飯坂と同じ9つの共同浴場がある。

1番湯から9番湯迄あるが、1から8は旅館

宿泊者しか入れず、鍵が掛かってる。

旅館に泊まるとお部屋に鍵があり、

自分で開けて入るシステム。

9番湯は誰でも入れるけど、駐車場無いから

どうやって立ち寄り湯するのだろうと

思いました。

私達は事前に渋温泉で有名な金具屋旅館さん

の施設見学をお願いしてたので、金具屋さんの

駐車場に停めて、町歩き。

温泉街は英語表記が多く、理由は

近くにお猿さんが温泉に浸かってる

地獄谷温泉があり、こちらに欧米人がフェイス

ブックかインスタでお猿さんの温泉入浴

をあげたら、メチャクチャ外人さん

が来るようになったそうです。

だから、温泉街は英語表記が多い。

そして、目的の金具屋さんへ。
19B50F24-E3BB-41E4-9273-1857C0F7A6EC.jpeg
木造4回建てと、うちに似てるので

興味あり、1度行ってみたいと思ってたので

実現して嬉しい。

金具屋の若旦那に館内案内して貰いましたが、

有形文化遺産だけあり、うちとは全然

違い建物的には新しいけど、使ってる木や

構造が素晴らしい。
4C3ED2C5-C15E-4BB7-AAB5-BBA7071E4A17.jpeg9CAFAB2F-D153-4955-98F7-6B745B0D7426.jpeg
学生さんが旅館でコスプレして写真撮ったの

が飾ってあったけど、見ると千と千尋の神隠し

のコスプレでした。

珍しいのは、花札が飾ってあったけど、

千と千尋の神隠し花札でした。

客室には共同浴場の鍵が置いてある。

窓は鍵かけてないと猿が入ってきて

お茶菓子を盗むそうです。

気になったのは館内にエレベーターがある事。

木造4回建てでエレベーターって凄いなーと

思ったら、奥は7回建手になってて

最上階に宴会場があり、

300人程入る広さがある。
587868EF-CC7C-4711-A8BE-0BABF811B6C6.jpeg
この瞬間、木造4回建てと思ってたのに、

うちとは規模が全く違う事実を知りちょっと

ショック。お風呂も何箇所か館内にありまし

た。
15DA7A0F-B01C-4F7F-8075-18E25E3E1D54.jpeg
何はともあれ、充実した研修旅行になり、

草津温泉の皆様、金具屋旅館の若旦那さんには

大変お世話になりました。

青年部部員にも、初の研修旅行でしたが、

とっても良い刺激になり、来年は私が青年部部

長予定なので、来年移行も温泉地視察研修旅行

を行いたいと思います。





posted by horieya at 00:30| 福島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

H29 草津温泉研修その3 白旗の湯

11月14日
草津温泉桜井さんで一泊し早朝5時30。

湯畑前にある白旗の湯に行こうと起こされ、

熱い温泉に耐性がある飯坂メンバーで挑戦。
 
草津の凄い所は、温泉街に沢山共同浴場

があるけど、大滝の湯等数件有料だけど、

殆どが無料!

ここ白旗の湯も無料で高温って書いてる。

先客が1人居ましたが、熱くて入れないみたい。

飯坂も共同浴場が50度前後なので、飯坂魂

を見せるべく、湯船のお湯を身体にぶっかける。

掛け湯が行けたので、余裕と思って一気に

入ったら、痺れ震える程のトロけるお湯。
1E2CA82D-B2FA-4F8C-8C44-17E4E8283655.jpeg

3秒ぐらい我慢したけど、肩まで沈む事が出来

ず断念。他のメンバーも掛け湯は出来るけど

誰一人入れない。

飯坂はPH7.4位のアルカリ泉だから、48度で

も入れるが、草津はPH2.0の強酸性泉なので、

ビリビリ感半端なく入れない。

水道も探したけど無いっぽいし、

どうやって入るんだろう?

次に来た客も一気に足入れてたけど、やっぱり

飛び上がる程熱かったみたいで断念してた。

まあ、無料だから文句言えないけど。

この熱さは湯もみしても無理ですね。




posted by horieya at 16:20| 福島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

H29 草津温泉研修その2

11月14日
先月10月17日に、観光協会青年部で

草津温泉研修に行きました。

平日の火曜日お昼の時点で、湯畑周辺には

人集り。飯坂温泉で言えば、けんか祭りの

日並みに観光客が多く、さすがは行って

よかった温泉地14年連続日本一の草津。
9BC91A45-C92D-4BC9-BF25-14B984FEC28D.jpeg2459614F-2C71-4CA5-9E90-90EAB73C1DF7.jpeg
お昼過ぎから、旅館組合さん二階で、

草津の各団体青年部さんとの意見交換会。
3792BC6D-9E11-439C-BEC6-8D7E01455322.jpeg
旅館組合事務所は超綺麗。

草津にも飯坂同様、プロサッカーチームが

いて、J2だったザスパ草津は今期成績が

悪く、来年から福島ユナイテッドと一緒の

J3なので、これからお互いライバル同士に

なります。草津は熱い温泉なので、

湯もみショーがありますが、ザスパ草津の

選手が湯もみをするショーもあり、

温泉地とサッカー選手の取り組み。

お互いイベントの多い温泉地なので、

どの様なイベントが行われているか、

震災後客足の遠のいた草津が、町興しで

湯畑周辺整備、東京駅のライトアップを

手掛けた方に、通年通して湯畑をライトアップ

整備、昔の共同浴場復活等大改造して

現在300万人のお客さんが来る様になったV字

回復の事などを聞き、その後は草津青年部さん

案内で町歩きをしました。
EC70AFC7-5ECF-485A-AD19-D6837229C760.jpeg
2DB17F29-1F7B-4544-9200-3D15C0D56599.jpeg
湯もみショーも案内していただき、

初めて見る湯もみショーに、湯もみで唄われる

草津節も耳に残る良いショーでした。
「くさーつーよいとーこーいちどーはぁおいでーーー」
1日6回位ショーがありますが、お客さんも

多い。今度旅館で草津節を飯坂に変えて

唄ってみたい。

懇親会、2次会も開いて頂き、

お互いの交流もでき、良い研修になりました。

草津は名湯なので、全国からも研修多いと

思ってたから、草津温泉青年部は、

また研修?的な感じかと思ってたけど、

親会では視察に来るが、青年部同士の

視察研修はそれ程行われていないそうで、

おもてなし感が半端なかったです。
3805FBE0-2687-4431-AAB8-401F810EBCFD.jpeg3C367E71-D7F5-4650-9149-A86205BBB1A6.jpeg
夜には西の河原と湯畑のライトアップにも同行

頂き、昼とはまた違う幻想的な草津に

感動しました。

また訪れたい温泉地です。
posted by horieya at 11:06| 福島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

H29 草津温泉研修旅行 その1永井食堂 モツ煮定食

10月20日
17日から1泊2日で、飯坂温泉観光協会青年部メンバー9人と草津温泉

研修旅行行って来ました。

その道中、群馬県伊香保付近、国道17号の山ん中に超人気の

モツ煮定食が有名な永井食堂があるので、お昼に寄って見ました。
IMG_1113.JPG
IMG_1111.JPG
値段は590円とお得。

ご飯が普通でも大盛りなので、少なめとかに出来ます。

私的には多すぎた。

モツは柔らかく、さすが群馬のソウルフードモツ煮。

posted by horieya at 00:11| 福島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

H29 炬燵(こたつ)始めました

10月13日
今日は朝から結構冷えました。

もう10月。東北は関東と違って寒いし、今年は冬が寒そうなので、

雪も早そうって事で、ほりえや旅館の客室に炬燵導入しました。

まだ全部屋では無いですが、徐々に炬燵化して行きます。

気持ちいいからって、炬燵で寝ないで下さいね。
IMG_1881.JPG
posted by horieya at 23:28| 福島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

H29 2018年度版福島手帳

10月13日
来年2018年度版福島手帳に、

ほりえや三味線旦那載ってます。

IMG_1072.JPGIMG_1075.PNG
夕食付きプランご利用のお客様で、

チェックイン時に『三味線やって』

の一言で、お食事の途中で三味線弾き唄い

致します。
posted by horieya at 11:14| 福島 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

H29 飯坂けんか祭り

10月9日
1日の事務所開きから9日経ちまして、

本祭り7日で昨日はあと祭り。

今日は祭典事務所片付けで、

やっとお祭りも終了です。

上町の世話人をしていたので、

毎日毎日、朝から晩まで酒三昧、

お昼も夜もらーめん出前に寿司やら

唐揚げやら色々食べてたので、

1キロ太りました。
IMG_1037.JPGIMG_1047.JPGIMG_1039.JPGIMG_1048.JPGIMG_1053.JPGIMG_1054.JPG
3日から6日までは子供の練習屋台。
IMG_1040.JPG
前夜祭移御式は、羽織袴で。
IMG_1055.JPG
本祭りは四年生以上の子供達が高張り提灯

で温泉街を歩き、
IMG_1058.JPGIMG_1059.JPG

宮入りでは六町内の屋台が

ぶつかり合います。

結構危険な祭りで、何人か

屋台に挟まり、救急車で搬送されました。

結構深刻な方も居るみたいで、

何事も無ければ良いです。

ブログはザックリ書きましたが、

ほんと疲れました。

来年はお休みします。


posted by horieya at 20:20| 福島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

H29 飯坂温泉駅下河川清掃

9月22日
伸びに伸びきった飯坂温泉駅下の

摺上川河川の雑草と外来種の

成長した木。
IMG_1017.JPG
河川課も駅員も何もしないので、

地元旅館組合、観光協会、商工会各青年部員で

河川清掃をしました。
IMG_1019.JPG
朝10時から始めましたが、量が多いので、

終わったのは夕方5時。

時間掛けた甲斐もありまして、見事

綺麗になり、駅から向こう側も

しっかり見えるようになりました。
IMG_1018.JPG
雑草や切り倒した木は直ぐに

伸びてくるので、今後の事も考えて

何か手を打たないとです。


posted by horieya at 23:20| 福島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

H29 福島第1原発視察

9月18日
福島県旅館組合で今月11日に、

一般人は立ち入る事も出来ない

福島第1原発視察に行って来ました。
IMG_0992.JPG
一部避難解除された浜通りの富岡エネルギー

センターで待ち合わせだったので、

チーム飯坂は、飯館村から南相馬市に

入り、そのまま海沿いを南下して

小高、双葉、第1原発がある

大熊を通り富岡を目指しました。

飯館村も一部避難解除されてますが、

除染から出た土が家の前を

道路一本挟んだ場所に大量に黒い

袋に入って積んでるので、子連れの家族

達は帰ってなく、お年寄りが少数

帰宅してる感じで、寂しい限りでした。

南相馬市は人も多く、小高もそれなりに

車の交通も有りましたが、

双葉町に入ると、地震で破壊された家や

沿岸部は津波で潰された建物などが

まだ残ってます。

除染の袋もいっぱい山積みは所々で。
IMG_0940.JPGIMG_0986.JPG
大熊町は、まだまだ帰宅出来ないので、

家に入れないように、入り口はバリケード

がはられてます。
IMG_0979.JPG
IMG_0973.JPG
通り沿いの車の中から地上この高さで、

2・6マイクロシーベルトぐらい。

車で開通出来る国道6号線以外の道には、

ガードマンなのか警察官が立っていて、

身分証明書が無いと街には行けませんし、

家にも行けません。

富岡町も一部会場されたけど、人っ子

1人居ない悲しい感じの町です。

夜ノ森公園の桜並木に行きたかったけど、

ガードマンがいては入れませんでした。

代わりに、同じ富岡でも解除され、

ニュースでも桜の時期に撮影される

桜並木は通れます。人は居ないけど。
IMG_0982.JPG
ここは解除されたと言っても、

道路挟んで右側を少し行くと

があり、

避難区域になってるので、

左側は🆗でも、右側はダメってなんか

やですね。

右側が大熊町方面。左側がいわき方面。

富岡エネルギーセンターに着き、

東電社員から視察内容等を話され、

第1原発に入るには、事前に伝えておいた

免許証、名前等を確認しコピーされ、

写真撮影は禁止なので、携帯電話、

財布は富岡エネルギーセンターに

置いて、バスで原発に出発です。

ドキドキの原発内部では、

ゲートを潜るキーナンバーと

視察中に、どれ程被曝したかの

線量機を身体に着けて、空港より

厳しいチェックの元、原発内部を走る

専用バスに乗り込みました。

原発視察は、基本長袖長ズボンで

肌を露出しないが条件では入れます。

東電社員が、こちらが汚染水タンクです

とか、高濃度の汚染水から

セシウムを除去する装置サリーが

この建物にありますとか、詳しく色々教えて

くれました。

原発内部の線量は思ってた程高く無く、

0、5とか2マイクロとかそんな感じです。

暫くすると、地上高さ35メートルの

場所から、前方50メートル強かな?

水素爆発で建屋が吹っ飛んで

メルトダウンしてる

1号機、2号機、プルサーマルの3号機、

使用済み燃料棒を全て取り除いた

4号機が。

ここの空間線量は、50マイクロシーベルト。

ここは目の前に建屋あるから、結構高い。

1号機の屋根が吹っ飛んで瓦礫があるけど、

線量が高すぎて、まだ人が近づくのは

危険なので、そのままの状態。

いずれは瓦礫を全て撤去して、

1号機から3号機の使用済み燃料棒を

取り出したいみたい。

建屋は、思ってた程デカく無かった。

この中に格納容器内ですが、

溶け落ちた核燃料デブリがあり、走れば直ぐに

たどり着けるけど、

中は線量が高いし、場所では

10シーベルトとか、人が入ったら数分で

細胞破壊されて死ぬ線量なので、

中々作業も進まないんですね。

機械が壊れるぐらいですし。

因みに、1000マイクロシーベルトで

1ミリシーベルト。

1000ミリシーベルトで1シーベルト。

福島第1原発は格納容器内で

辛うじて溶け落ちて、

今も大量の水で冷やしてるから外に

燃料が出ないけど、大量の高濃度汚染水も

毎日たまる。

そこから移動して、2号機、3号機の

メルトダウンしてる建屋を通ります。

ここは建屋内では無いけど、

線量も一気に上がり、

282マイクロシーベルト。

建屋を通り過ぎて、海沿いに行くと

線量も一気に下がり、5号機、6号機

まで来ると、線量も0、5とか一気に下がる。

原発構内全ての場所が高いのでは無く、

やはりメルトダウンしてる建屋

付近だけ異常に高い。

離れた場所では、作業員も

防護服着て無くて、普通に歩いてました。

今回は、バスの中から構内を回ったので、

途中280マイクロシーベルト越えとか

ありましたが、車の中は窓さえ

開けなければ6マイクロシーベルト

とかで、かなり遮へいされるんですね。

あってはならない原発事故が近くで

起こったら、鉄筋コンクリートの

建物から出ない。

車で避難したら窓は開けないで避難

ですね。

まだまだ現在の科学では、溶け落ちた

核燃料デブリの取り出しは出来ないので、

廃炉までは、30年から50年と

掛かります。

子供達の代、またその次世代まで

負の遺産は残るので、原発に頼らない

暮らしを目指したいですね。

実際にこの事故の影響で、

全国で原発稼働してない期間

があり、最初は東京で

計画停電実施されてたけど、

あれはやらなくてもブラフであって、

その後は電気の供給は出来てましたしね。

原発は儲かる。でも事故ると誰も

誰も手がつけられない。

原発は無くても良いと思う反面、

原発がある町は、町が潤い作業員も町ぐるみ

で沢山の方を雇用してるし、

無くなるとその人達の

生活も出来なくなり、町が衰退するしで

何が正解かわかりません。

あー写真撮りたかった。










posted by horieya at 14:28| 福島 ☔| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする